研究開発・プロジェクト
ホーム研究開発・プロジェクト機能材料事業部 > 高強度Ni-Ti合金の開発

高強度Ni-Ti合金
High Stiffness Nickel-Titanium Alloy

形状記憶合金として用いられるTi-at50%Ni合金を高転位密度化し、
室温〜生体温度で超弾性を発揮するTi-50at%Ni超弾性合金を開発しました。

この合金は、高強度であり、またTi-Ni単相構造となり高い耐キンク性を誇ります。

高転位密度Ti-50at%Ni超弾性合金
37℃ 応力-ひずみ曲線
■ステントのさらなるロープロファイル化
 高強度なTi-50at%Ni合金材料を用いることで、ステントの拡張力を保ったままロープロファイル化が可能です。
reduction in stent size

reduction in stent profile (6Fr→5Fr)

■フレキシブルなクローズドセルタイプステント

 Ti-50at%Ni合金は、局所的な熱処理を行うことで単一の部材に超弾性合金のエリアと形状記憶合金のエリアを混在させることができます。

 リンク部分にのみ熱処理を施し、柔軟な形状記憶合金にすることによってアキシャル方向の柔軟性を高め、曲げてもキンクしにくいクローズドセルタイプステントです。 セル部分は超弾性合金のままなので拡張力は保たれます。
超弾性
クローズドセルタイプステント

超弾性-形状記憶複合型
クローズドセルタイプステント